【PDF】牛の解体 〜加古川食肉センターで見学してきました。(beef_A3.pdf)

¥ 100

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(4667539 バイト)

スーパーやお肉屋さんで、お肉が売られているのは、普段からよく見かけます。ちょっと田舎に行けば、牛を飼っているところも簡単にみることができます。でも、牛がお肉屋さんに並ぶその途中のことは、なかなか遠いものに感じます。どこかでその作業が行われているはずなのに、どこでやってるか知らない。そういう風に感じてる人は多いような気がします。

以前、鶏の屠殺のイラストを描いたのがきっかけで、2012年12月4日、大阪で人権などの活動をされているNPOダッシュさんに誘われて、兵庫県加古川市の加古川食肉センターに牛の解体を見学に行ってきました。◎絵・文 ナオヤ

「牛の解体」について詳細はこちら
http://itadakimasu.agasuke.net/beef01/

※ワークショップ等でご利用いただける、A3サイズでのプリントに最適なPDFです。A4だと文字が少し小さいかもしれません。大きいサイズが必要な場合や、絵の二次利用についてはお問い合せください。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する